脱毛エステ人気ランキング!!勧誘の少ないエステはここだ!!

勧誘で困ったら時必見!!知っておこうクーリングオフ制度!!

エステに脱毛に行った際、ついつい勧誘などで思わぬ高額の契約をするケースがあります。家に帰ってから冷静に考えてみたら、解約したくなってしまった。そんな時に知っておくと安心なのがクーリングオフ制度です。

クーリングオフが利用できる条件、効果は?

次の2つの条件が満たされていれば、クーリングオフの対象となります。

  • 1、契約期間が1ヶ月を超え、かつ金額が5万円以上の契約
  • 2、契約書面が交付されてから8日以内に書面で通知

クーリングオフが成立した場合、契約自体が無効となりますので、違約金、ペナルティなどは発生しません。

クーリングオフの進め方

クーリングオフは以下の手順で進めてください。

  • 1、エステサロンに契約解除の通知を送りましょう。
    (契約書面が交付されてから8日以内です。通知の到着日ではなく、発送日でOKです。発送日、到着日が確認できるよう配達証明郵便や内容証明郵便で送ることをおススメします)。
  • 2、クレジットカードで支払ったり、ローンを組んだ場合は、信販会社にも同じ内容の通知を送りましょう。

契約を解除するのに電話や先方に出向くのは避けましょう。サロンのスタッフに説得されたり、余計なトラブルになる可能性もあります。また、電話や口頭で契約解除をする旨を伝えても、クーリングオフは適用されませんので余計に時間がかかることになります。

上記通知をすると、エステ業者から連絡が来るはずです。
もし、しばらくたっても連絡がない場合は、消費者センターに連絡しましょう。

消費相談センター連絡先

消費生活センター等では、商品やサービスなど消費生活全般に関する苦情や問合せなど、消費者からの相談を専門の相談員が受付け、公正な立場で処理にあたっています。

近場の消費者センターへの連絡先はこちらからご確認ください。

http://www.kokusen.go.jp/map/index.html

このページの先頭へもどる